幸せ読書

読書を通して、小さな幸せ見つけたい。

2024-01-01から1年間の記事一覧

「活版印刷三日月堂 星たちの栞 」 ほしおさなえ ポプラ文庫

川越の街の片隅に佇む印刷所・三日月堂。店主が亡くなり、長らく空き家になっていた三日月堂だが、店主の孫娘・弓子が川越に帰ってきたことで営業を再開する。三日月堂が営むのは昔ながらの活版印刷。活字を拾い、依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を印刷す…

「巷説百物語」 京極夏彦 角川文庫

怪異譚を蒐集するため諸国を巡る戯作者志望の青年・山岡百介は、雨宿りに寄った越後の山小屋で不思議な者たちと出会う。御行姿の男、垢抜けた女、初老の商人、そして、なにやら顔色の悪い僧――。長雨の一夜を、江戸で流行りの百物語で明かすことになったのだ…

「凍りのくじら」 辻村深月 講談社文庫

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う1人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛す…

ご心配をおかけしました。妻のその後。

妻の癌のその後ですが、手術で切除した乳房の病理検査の結果、「完全奏功」との診断が出ました。元々あったがん細胞が、術前の抗がん剤治療の効果で完全に消滅しているとのことらしいです。現時点での最高の結果が出ました。この後、手術した患部が治ったら…

「首無の如き祟るもの」 三津田信三 講談社文庫

奥多摩の山村、媛首(ひめかみ)村。淡首(あおくび)様や首無(くびなし)の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。3つに分かれた旧家、秘守(ひがみ)一族、その一守(いちがみ)家の双児の十三夜参りの日から惨劇は始まった。戦中戦後に跨る首…

「鵼の碑」 京極夏彦  講談社ノベルス

百鬼夜行シリーズ17年ぶりの新作長編がついに!殺人の記憶を持つ娘に惑わされる作家。 消えた三つの他殺体を追う刑事。 妖光に翻弄される学僧。 失踪者を追い求める探偵。 死者の声を聞くために訪れた女。 そして見え隠れする公安の影。 発掘された古文書の…

「ファラオの密室」 白川尚史 宝島社

第22回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞受賞作!紀元前1300年代後半、古代エジプト。死んでミイラにされた神官のセティは、心臓に欠けがあるため冥界の審判を受けることができない。欠けた心臓を取り戻すために地上に舞い戻ったが、期限は3日。ミイ…

「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午 文春文庫

ミステリー文学賞&年末ランキング4冠! 本格ミステリーの新時代を告げた記念碑的傑作! かつては探偵事務所で働き、いまは「何でもやってやろう屋」を自称して気ままな生活を送る「俺」成瀬将虎。 ある日、高校の後輩のキヨシの頼みで、彼が密かに惚れてい…

今夜の晩酌・お酒 第3回 今夜も・・・

皆さま、こんばんは。 今夜は、私の大好きな茶碗蒸し。(メインは、別にありますが)茶碗蒸しって、なんでこんなに美味しいのでしょう♪夏場は、玉子豆腐も好きなのですが、冬場は、温かい茶碗蒸しが良いですね〜。と、私の茶碗蒸しラブは、この辺にしておい…

「かがみの孤城」 辻村深月 ポプラ社

学校での居場所をなくし、閉じこもっていた“こころ”の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。 輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。 そこにはちょうど“こころ”と似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所…

今夜の晩酌・お酒 第2回 木曜日だけど・・・

皆さま、こんばんは。 今日は、早くからお腹が空いていたので、早めの晩ごはんとなりました。今夜のメインは串カツ!(大阪人らしいと、ツッコミが入りそうですが)串カツに合うお酒といえば、やっぱりこれでしょうということで・・・ メーカー ヤッホーブル…

新設サブコーナー「今夜の晩酌・お酒」第1回

皆さま、こんばんは。 今夜は、妻の退院祝いということで、家でしゃぶしゃぶパーティーをすることにしました。 せっかくのお祝いなので、日本酒を飲むことにしました。 当ブログの新設サブコーナー「今夜の晩酌・お酒」の記念すべき第1回目です。 メーカー …

「52ヘルツのクジラたち」町田そのこ 中公文庫

52ヘルツのクジラとは、他のクジラが聞き取れない高い周波数で鳴く世界で一匹だけのクジラ。何も届かない、何も届けられない。そのためこの世で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれる少…

退院日が決まりました。

今日、病院に妻の面会しに行って来たところ、妻の退院が1月16日火曜日に決まりました。 皆さまには、大変ご心配をおかけしておりますが、ちょっと嬉しい知らせでしたので、ご報告をと思いまして。 今回の妻の手術のことで、本当に多くの方に応援して頂いて、…

無事、手術終わりました!ご心配をおかけしました。

今さっき、妻の入院している病院から電話がありまして、妻の手術が無事終わったそうです。 合併症とかも一切なく、手術は順調に行えたそうです。 退院については、明日以降の体調を見ながら、御本人と相談して決めたいと思ってますと手術を行って下さった主…

「ラブカは静かに弓を持つ」安壇美緒 集英社

武器はチェロ。潜入先は音楽教室。傷を抱えた美しき潜入調査員の孤独な闘いが今、始まる。『金木犀とメテオラ』で注目の新鋭が、想像を超えた感動へ読者を誘う、心震える“スパイ×音楽”小説!少年時代、チェロ教室の帰りにある事件に遭遇し、以来、深海の悪夢…

「汝、星のごとく」凪良 ゆう 講談社

ーーわたしは愛する男のために人生を誤りたい。風光明媚な瀬戸内の島に育った高校生の暁海(あきみ)と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂(かい)。ともに心に孤独と欠落を抱えた二人は、惹かれ合い、すれ違い、そして成長していく。生きるこ…

新年

新年明けましたが、めでたいとは言えないほど、悲しい出来事が続いてます。この寒いお正月に被災した方々のことを思うと、本当に、胸が痛みます。一日でも早く日常生活に戻られることを、祈ってやみません。 我が家は、おかげさまで、妻の術前の抗がん剤治療…